2019年8月 | XMトレーディングのハイレバ口座を使い1年で50万円から億トレーダー(億り人)になった海外FXトレードブログ日記(完全保存版)
XMブログ海外FXトレード日記
勝ち方を研究し、レバレッジと上手く付き合ってコントロールすれば少額資金から億トレーダーになるのもそう難しくはありません。あなたは勝つために努力を惜しみませんか?それとも億トレーダーの道を放棄しますか?もしチャレンジしたいなら業界ナンバーワンのXMがおすすめです!

2019年08月一覧

海外FXHP|証拠金を納めてある通貨を買い…。

売買する時の価格に差をつけるスプレッドは、FX会社ばかりか銀行においても別の呼び名で取り入れられているのです。しかもとんでもないことに、その手数料たるやFX会社の200倍程度というところが少なくないのです。
スプレッドについては、FX会社毎にまちまちで、皆さんがFXで収益を手にするためには、スプレッド幅が僅かである方がお得になるわけですから、そこを踏まえてFX会社を選定することが大事になってきます。
スイングトレードで利益を得るためには、それなりの売買の進め方があるわけですが、当然スイングトレードの基本がわかっていることが前提です。とにかくスイングトレードの基本をマスターしましょう。
「デモトレードをしたところで、現実的な被害はないので、気持ちの上での経験を積むことは困難だと言える。」、「自分自身のお金を投入してこそ、初めて経験を積むことが可能なのだ!」と指摘する人もたくさんいます。
チャートをチェックする際に不可欠だと言えるのが、テクニカル分析なのです。こちらのサイトでは、多数あるテクニカル分析のやり方を1個1個事細かに解説させて頂いております。

スイングトレードというものは、トレードする当日のトレンドに左右される短期売買とは全く異なり、「ここ数日~数ヶ月相場が如何なる値動きを見せてきたか?」といった分析が結果に結び付くトレード方法だと思っています。
デモトレードの最初の段階ではFXに必要不可欠な証拠金がデモ口座(仮想口座)に、ご希望の金額分仮想マネーとして入金されるわけです。
証拠金を納めてある通貨を買い、そのままキープしている状態のことを「ポジションを持つ」と言います。反対に、保持している通貨を決済してしまうことを「ポジションの解消」と言うわけです。
売買未経験のド素人の方であれば、困難であろうと思えるテクニカル分析ではありますが、チャートのポイントとなるパターンさえマスターしてしまえば、値動きの類推が圧倒的に簡単になるでしょう。
スプレッドという“手数料”は、通常の金融商品と海外FXランキングで比較しましても格安だと言えます。はっきり申し上げて、株式投資なんかだと100万円以上の売買をしますと、1000円位は売買手数料を支払う羽目になります。

チャートの時系列的値動きを分析して、売買のタイミングの判断をすることをテクニカル分析と呼ぶのですが、このテクニカル分析さえ可能になれば、売買すべきタイミングの間違いも激減するでしょう。
高い金利の通貨ばかりを買って、そのまま持ち続けることでスワップポイントをゲットすることができるので、このスワップポイントという利益だけを目的にFXをやっている人も少なくないそうです。
「FX会社個々が提供するサービスの実態を比べる時間がない」という方も多いと思われます。それらの方に利用して頂くために、それぞれの提供サービスでFX会社を海外FXランキングで比較し、ランキング形式で並べました。
スキャルピングのメソッドは幾つもありますが、共通部分としてファンダメンタルズに関しては置いといて、テクニカル指標だけを信じて行います。
為替の方向性が顕著な時間帯を意識して、そのタイミングで買い(売り)を入れるのがトレードの肝になると言えます。デイトレードだけじゃなく、「平静を保つ」「相場がどっちに転ぶかわからない時は引く」というのは、どういったトレード方法を採ろうとも本当に大事になってくるはずです。


海外FXサイト|チャート検証する時に必要とされるとされているのが…。

デイトレードをやるという時は、通貨ペアのセレクトも重要です。基本的に、大きく値が動く通貨ペアを選定しないと、デイトレードで収入を得ることは困難だと言ってもいいでしょう。
知人などは集中的にデイトレードで売買を継続していましたが、この半年くらい前からは、より収益が期待できるスイングトレードを採用して売買しています。
「売り買い」に関しましては、何もかも手間なく実行されるシステムトレードですが、システムの手直しは普段から行なうことが重要で、その為には相場観をものにすることが大事になってきます。
FXが日本中で一気に拡散した誘因の1つが、売買手数料の安さだと言えます。今からFXをスタートすると言うなら、スプレッドの低いFX会社を見つけ出すことも大事です。
FX会社個々に特色があり、強みがあったり弱点があったりするのが当然なので、超ビギナーだと言う方は、「どこのFX業者でFX口座開設するのがベストなのか?」などと頭を悩ますと思います。

相場のトレンドも読み取ることができない状態での短期取引では、はっきり言って危険すぎます。何と言っても、高レベルのスキルと知識が求められますから、まだまだ駆け出しの人にはスキャルピングは止めるべきだと言いたいです。
レバレッジがあるために、証拠金が少なくてもその額の25倍までという「売り・買い」を行なうことが可能で、結構な収入も狙えますが、同時にリスクも高くなるはずですので、慎重になってレバレッジ設定しなければなりません。
MT4はこの世で一番有効活用されているFX自動売買ツールだという背景もあり、自動売買プログラムのタイプが断然多いのも特徴ではないでしょうか?
「毎日毎日チャートに目を通すなんて不可能だ」、「為替に影響する経済指標などを速やかに見ることができない」と考えられている方でも、スイングトレードのやり方なら全然心配無用です。
テクニカル分析については、総じてローソク足で表示したチャートを使用します。見た目難しそうですが、努力して理解できるようになりますと、本当に役に立ちます。

方向性がはっきりしやすい時間帯を見極め、そのタイミングで順張りするというのがトレードに取り組む上での最も大切な考え方です。デイトレードは当たり前として、「平静を保つ」「トレンドが定まらない時は静観する」というのは、どのようなトレード法を行なおうとも物凄く重要になるはずです。
レバレッジについては、FXに勤しむ中で常に用いられるシステムですが、実際の資金以上のトレードが可能だということで、僅かな証拠金で多額の収入を得ることも可能です。
FXで言うところのポジションと言いますのは、保証金的な役割を担う証拠金を口座に入れて、豪ドル/円などの通貨ペアを売ったり買ったりすることを言うわけです。なお外貨預金には「ポジション」というコンセプトはありません。
FX未経験者だとしたら、かなり無理があると考えられるテクニカル分析ですが、チャートの重要ポイントとなるパターンさえマスターしてしまえば、値動きの推測が物凄く簡単になるはずです。
チャート検証する時に必要とされるとされているのが、テクニカル分析なのです。このページ内で、たくさんある分析の仕方を1個1個徹底的に解説しておりますのでご参照ください。


海外FXウェブで比較|FXをやるために…。

FX口座開設に関しましてはタダだという業者が大半ですから、もちろん手間は掛かりますが、3つ以上の業者で開設し現実に売買しながら、ご自分にピッタリくるFX業者を絞ってほしいと思います。
スワップというものは、売買の対象となる二種類の通貨の金利差から手にすることが可能な利益のことです。金額自体は大した事ありませんが、毎日1回貰うことができますので、割とおいしい利益だと思われます。
FXをやるために、取り敢えずFX口座開設をしてしまおうと考えたところで、「何をすれば口座開設ができるのか?」、「どの様なFX会社を選択したらいいのか?」などと迷ってしまう人は少なくありません。
FX関連用語であるポジションと言いますのは、必要最低限の証拠金を口座に送金して、カナダドル/円などの通貨ペアを「売り買い」することを意味するわけです。余談ですが、外貨預金には「ポジション」という考え方は見当たりません。
FXをやろうと思っているなら、優先してやらないといけないのが、FX会社を海外FXランキングで比較してあなた自身に適合するFX会社を選定することだと言えます。海外FXランキングで比較するにあたってのチェック項目が10項目ございますので、一つ一つご案内します。

FX口座開設時の審査につきましては、主婦や大学生でもほとんど通りますので、必要以上の心配をすることは不要ですが、入力事項にある「資産状況」や「投資経験」などは、確実に吟味されます。
儲ける為には、為替レートが注文を入れた時のものよりも好転するまで待たざるを得ません。この状態を「ポジションを保有する」と表現するのです。
スプレッドとは外貨の購入時と売却時の価格差のことで、FX会社の収益となる売買手数料みたいなものですが、各社それぞれが独自にスプレッド幅を決定しているのです。
近い将来FX取引を始める人や、FX会社を換えてみようかと思案中の人を対象に、全国のFX会社を海外FXランキングで比較し、ランキングにしてみました。是非ご覧になってみて下さい。
チャートを見る際に必要とされると断言できるのが、テクニカル分析です。ご覧のサイトでは、豊富にあるテクニカル分析のやり方を個別にかみ砕いて解説しております。

私は大体デイトレードで取り引きを継続していたのですが、ここ1年くらい前からは、より収益が望めるスイングトレード手法を取り入れて取り引きをするようになりました。
FXの究極の利点はレバレッジだと断言しますが、十分に了解した上でレバレッジを掛けるようにしないと、はっきり申し上げてリスクを大きくするだけになると断言します。
為替の方向性が顕著な時間帯を考慮して、そこで順張りをするというのがトレードを行なう上での最も大切な考え方です。デイトレードのみならず、「心を落ち着かせる」「トレンドがはっきりしない時は投資しない」というのは、どういったトレード方法を採ろうとも物凄く重要になるはずです。
FXにつきましては、「外貨を売る」という状態から取引をスタートさせることも普通にありますが、このように外貨を持たずに「外貨を売ったままの状態」のことも、「ポジションを持っている」という言われ方をします。
買い値と売り値に差を設定するスプレッドは、FX会社の他に銀行においても別称で取り入れています。しかもびっくりすることに、その手数料というのがFX会社の180~200倍というところが少なくありません。


海外FX口座開設比較|実際は…。

テクニカル分析をやる場合は、原則的にはローソク足を時間単位で並べたチャートを活用することになります。初めて見る人からしたら難解そうですが、頑張って読み取ることができるようになると、なくてはならないものになると思います。
スキャルピングとは、1分以内で極少利益を積み増していく超短期トレードのことで、テクニカル指標とかチャートを頼りに実践するというものです。
スワップというものは、売買対象となる2つの通貨の金利差により得ることができる利益のことを意味します。金額的には少々というレベルですが、ポジションを有している日数分貰えるので、結構有難い利益だと考えています。
FXをやる時に、我が国以外の通貨を日本円で買いますと、金利差に応じたスワップポイントが付与されることになりますが、金利が高く設定されている通貨で低い通貨を買うような時は、まったく逆でスワップポイントを払うことになります。
スイングトレードで収益を出すにはそれ相応の売買のやり方があるのですが、当たり前ですがスイングトレードの基本を押さえていることが必須です。差し当たりスイングトレードの基本を学ぶ必要があります。

実際は、本番トレード環境とデモトレード環境を比べてみると、前者の方が「毎回のトレードあたり1pips程収入が減る」と理解した方が賢明かと思います。
儲けるには、為替レートが注文した際のものよりも好転するまで待つ必要があります。この状態を「ポジションを保有する」という言い方をします。
申し込みをする場合は、業者の専用ウェブサイトのFX口座開設ページから15分~20分くらいでできるでしょう。申し込みフォームに入力した後、必要書類を郵送とかFAXなどで送付し審査の結果を待つだけです。
ここ数年は、どこのFX会社も売買手数料は無料となっておりますが、別途スプレッドがあり、そのスプレッドというものが完全なるFX会社の利益になるわけです。
トレードを始めたばかりの人であったら、結構難しいと考えられるテクニカル分析ではあるのですが、チャートのポイントとなるパターンさえマスターしてしまえば、値動きの予測が段違いに容易くなると明言します。

FXにおけるトレードは、「ポジションを建てる&決済する」の反復です。単純なことのように感じるでしょうが、ポジションを建てるタイミングであったり決済を敢行するタイミングは、とにかく難しいです。
テクニカル分析に取り組む際に不可欠なことは、何と言っても貴方にしっくりくるチャートを見つけることなのです。そうしてそれを反復していく中で、自分自身の売買法則を見い出すことが大切ではないでしょうか?
デイトレードであっても、「毎日売買し利益をあげよう」などと思うのは愚の骨頂です。無理なことをして、反対に資金をなくすことになるようでは後悔してもし切れません。
スキャルピングの展開方法は百人百様ですが、いずれもファンダメンタルズ関連については度外視して、テクニカル指標だけを信じて行います。
FX口座開設を完了さえしておけば、現実にFXの取引をスタートしなくてもチャートなどを利用できますから、「とにかくFXの周辺知識を得たい」などと考えている方も、開設すべきだと思います。


海外FX会社比較|同一通貨であっても…。

普通、本番トレード環境とデモトレードの環境を比べますと、本番のトレード環境の方が「トレード毎に1ピップス程利益が減少する」と考えた方が賢明です。
同一通貨であっても、FX会社が変われば供与されることになるスワップポイントは違うものなのです。ネット上にある海外FXサイトで比較表などで念入りに海外FXサイトで比較検討して、なるだけ高いポイントを提示している会社を選択しましょう。
FXで収入を得たいなら、FX会社を海外FXサイトで比較することが必須で、その上で銘々の考えに沿う会社を選抜することが重要だと言えます。このFX会社を海外FXサイトで比較する場合に大切になるポイントなどをご案内しましょう。
スワップポイントに関しましては、ポジションを継続した日数分与えてくれます。毎日特定の時間にポジションを有した状態だと、その時点でスワップポイントが貰えるのです。
FXがトレーダーの中で勢いよく拡大した主因が、売買手数料の安さだと言えます。あなたがFX未経験者なら、スプレッドの低いFX会社を探し出すことも重要だとアドバイスしておきます。

スプレッドと称される“手数料”は、それ以外の金融商品と比べてみても、驚くほど低額です。実際のところ、株式投資だと100万円以上の取り引きをしますと、1000円程度は売買手数料を支払う羽目になります。
FX初心者にとっては、かなり無理があると考えられるテクニカル分析なのですが、チャートの重要なパターンさえマスターしてしまえば、値動きの判断が一際容易になると思います。
デモトレードを使うのは、ほとんどFXビギナーの人だと想定されると思いますが、FXの名人と言われる人も自発的にデモトレードを利用することがあると聞かされました。例えば新しく考案したトレード手法の検証のためなどです。
テクニカル分析をやってみようという時に欠かせないことは、とにかくご自身にふさわしいチャートを見つけ出すことです。その上でそれをリピートする中で、あなた自身の売買法則を見い出してほしいと願います。
取り引きについては、全部自動的に行なわれるシステムトレードですが、システムの修復は普段から行なうことが重要で、そのためには相場観を持つことが重要になります。

テクニカル分析と言われているのは、相場の変遷をチャートという形で表して、更にはそのチャートを分析することで、その後の値動きを読み解くという方法です。このテクニカル分析は、売買のタイミングを知る際に有益です。
少ない額の証拠金の拠出で高額な取り引きが可能なレバレッジですが、望んでいる通りに値が変化すればビッグな儲けを得ることが可能ですが、反対になった場合は結構な被害を受けることになるのです。
スワップと申しますのは、FX]取引における2つの通貨の金利の違いからもらえる利益のことを指します。金額から見たらわずかなものですが、毎日1回貰うことができますので、結構有難い利益だと考えています。
「FX会社毎に提供するサービスの内容をチェックする時間がそれほどない」と言われる方も多々あると思います。そういった方に利用して頂くために、それぞれのサービスでFX会社を海外FXサイトで比較し、一覧表にしました。
チャートの時系列的値動きを分析して、売買時期の判定をすることをテクニカル分析と称するわけですが、このテクニカル分析ができれば、「買い時と売り時」の間違いも激減するでしょう。


海外FX業者比較|システムトレードと呼ばれているのは…。

デイトレードを行なう際には、通貨ペアの選定も大事になってきます。正直言いまして、値動きの激しい通貨ペアの売買をしないと、デイトレードで収入を得ることは無理だと断言できます。
MT4をPCに設置して、インターネットに繋いだまま休みなく動かしておけば、外出中も完全自動でFX取引を行なってくれるというわけです。
レバレッジと呼ばれるものは、FXをやっていく中で当たり前のごとく活用されているシステムだとされますが、注ぎ込める資金以上の「売り・買い」をすることができますから、少しの証拠金で大きな儲けを出すことも不可能ではないのです。
スプレッドとは外貨の買い値と売り値の差のことで、FX会社の収入になる売買手数料と同様なものですが、FX会社それぞれが独自にスプレッド幅を定めています。
システムトレードと呼ばれているのは、人間の胸の内であったり判断を敢えて無視するためのFX手法だとされていますが、そのルールを考えるのは人なので、そのルールが永遠に使えるわけではありません。

「デモトレードを何回やっても、現実的な被害はないので、心理面での経験を積むことは無理だ!」、「汗水垂らして稼いだお金を注ぎ込んでこそ、初めて経験を積むことができると言えるのだ!」という声も多いです。
スプレッドというのは、FX会社によって異なっており、プレイヤーがFXで収益をあげるためには、スプレッド幅が僅かであるほど有利ですから、その部分を加味してFX会社をセレクトすることが大切だと思います。
一緒の通貨でも、FX会社により与えられるスワップポイントは違ってくるのが普通です。ネットなどでしっかりと海外FX比較サイトで比較検討して、できるだけ高いポイントを付与してくれる会社をセレクトしてください。
スイングトレードと申しますのは、売買をするその日のトレンドが影響を及ぼす短期売買とは全然違って、「現在まで為替が如何なる値動きを見せてきたか?」といった分析が結果を決定づけるトレード法だと考えます。
私自身はだいたいデイトレードで取り引きを繰り返して来ましたが、ここ1年くらい前からは、より利益を獲得できるスイングトレード手法を採用して取り引きをするようになりました。

FX会社に入る利益はスプレッドから生み出されるのですが、例えて言えばスイスフランと日本円のトレードの場合、FX会社はお客さんに対して、その通貨の売りと買いの為替レートを適用し、その差額を手数料とするのです。
テクニカル分析においては、だいたいローソク足を時間単位で並べたチャートを使います。初めて見る人からしたら容易ではなさそうですが、100パーセントわかるようになりますと、非常に有益なものになります。
原則的に、本番トレード環境とデモトレードの環境を海外FX比較サイトで比較してみますと、本番トレード環境の方が「一度のトレードあたり1pipsくらい儲けが少なくなる」と認識していた方がよろしいと思います。
スキャルピングとは、少ない時間で1円にも満たない利益を取っていく超短期トレードのことで、テクニカル指標であったりチャートを基にしてトレードをするというものなのです。
「仕事の関係で連日チャートに目を通すなんて難しい」、「重要な経済指標などを適時適切にチェックできない」と考えている方でも、スイングトレードのやり方なら何も問題ありません。


海外FXランキング|システムトレードでありましても…。

システムトレードの一番のセールスポイントは、時として障害になる感情を排することができる点だと考えます。裁量トレードで進めようとすると、絶対に自分の感情がトレードを行なう際に入ることになると思います。
デモトレードを使うのは、99パーセントFXビが初めての人だと考えることが多いようですが、FXの達人と言われる人もしばしばデモトレードを行なうことがあると聞いています。例えば新しく考案した手法の検証をする際などです。
「デモトレードにトライしてみて利益をあげることができた」としても、本当に投資をする現実のトレードで利益を得られるという保証は全くありません。デモトレードと申しますのは、はっきり言って娯楽感覚でやってしまいがちです。
売りと買いの両ポジションを一緒に保有すると、円高・円安のどちらに変動しても利益を得ることができますが、リスク管理の点から言うと、2倍気配りをすることが必要でしょう。
MT4を推奨する理由のひとつが、チャート画面上より即行で発注することが可能だということです。チャートを確かめている時に、そのチャート部分で右クリックすると、注文画面が開くのです。

システムトレードでありましても、新たに取り引きする時に、証拠金余力が必要となる証拠金額より少額の場合は、新規に注文することは認められないことになっています。
スイングトレードというのは、トレードを行なうその日のトレンドに大きく影響を受ける短期売買から見ると、「今日まで相場がどういった動きをしてきたか?」といった分析が影響を及ぼすトレード法だといっても過言ではありません。
システムトレードにおきましては、EA(自動売買プログラム)の設定によってテクニカルポイントに差し掛かった時に、システムが必ず「売り」と「買い」を行なってくれるのです。しかし、自動売買プログラムは投資する人がセレクトする必要があります。
スキャルピングとは、短い時間で極少収益を確保していく超短期トレードのことで、テクニカル指標やチャートを基に売買をするというものです。
FXにおいては、「外貨を売る」という状態から取引を始めることも可能なのですが、このように外貨を持たずに「外貨の売却だけをした状態」のことも、「ポジションを持っている」と言われるのです。

FX取引で出てくるスワップと呼ばれるものは、外貨預金においての「金利」だと考えると分かりやすいでしょう。とは言っても丸っきし異なる部分があり、この「金利」に関しては「受け取るばかりじゃなく徴収されることだってある」のです。
初回入金額と言いますのは、FX口座開設が終わった後に入金しなければいけない最低必要金額を指します。最低金額を指定していない会社も存在しますが、最低100000円というような金額指定をしている所も見られます。
ポジションにつきましては、「買いポジション」と「売りポジション」の2種類があるわけですが、このポジションとは、買いまたは売りの取り引きをした後、決済しないでその状態を続けている注文のことを言います。
スワップポイントについては、「金利の差額」だと説明されますが、最終的に手にすることができるスワップポイントは、FX会社に払うことになる手数料を差っ引いた額となります。
FXを始める前に、さしあたってFX口座開設をしてしまおうと思うのだけど、「どうやったら口座開設が可能なのか?」、「どのようなFX業者を選定したら良いのか?」などと迷う人は多いです。


海外FX比較サイト|FXを行なう上での個人に対するレバレッジ倍率は…。

同一通貨であっても、FX会社毎に付与してもらえるスワップポイントは違うものなのです。FX情報サイトなどでキッチリと探って、なるべく高いポイントがもらえる会社を選択するようにしましょう。
スキャルピングに関しては、数秒~数分間の値動きを利用するものなので、値動きが強いことと、売買の回数が多くなりますので、取引に必要な経費が小さい通貨ペアをセレクトすることが必須条件です。
金利が高く設定されている通貨だけを選択して、そのまま持ち続けることでスワップポイントをもらうことができるので、このスワップポイントをもらおうとFXを行なう人も稀ではないとのことです。
スイングトレードということになれば、短くても数日、長期のケースでは何カ月にも及ぶといったトレード方法になる為、デイリーのニュースなどをベースに、その先の世界情勢を類推し投資することができるというわけです。
デイトレードに関しては、通貨ペアの見極めも非常に大事です。はっきり言って、大きく値が動く通貨ペアをセレクトしないと、デイトレードで儲けを出すことは100%不可能です。

「デモトレードをしても、現実的な被害はないので、精神上の経験を積むことが不可能である。」、「自分で稼いだお金でトレードをしてみてこそ、初めて経験が積めることになるのだ!」とおっしゃる方も結構いらっしゃいます。
本WEBページでは、手数料とかスプレッドなどを含めた全コストでFX会社を海外FXボーナス紹介サイトで比較した一覧表を確かめることができます。当たり前ですが、コストに関しましては利益に影響をもたらすので、念入りに確認することが大事だと考えます。
システムトレードと申しますのは、そのソフトとそれを確実に機能させるPCが安くはなかったので、以前はある程度余裕資金を有している投資家だけが行なっていました。
スワップポイントは、「金利の差額」だと思っていただいていいですが、現実に付与されるスワップポイントは、FX会社に取られる手数料を減じた額だと思ってください。
FXを行なう上での個人に対するレバレッジ倍率は、少し前までは最高が50倍だったことを考えると、「現時点での最高25倍は低い」と感じている方を目にするのも当然ですが、この25倍でもきちんと利益をあげることはできます。

証拠金を納入して特定の通貨を購入し、そのまま保持し続けていることを「ポジションを持つ」と言っています。それとは反対に、保持し続けている通貨を決済してしまうことを「ポジションの解消」と言っています。
スキャルピングとは、ほんの僅かな時間で僅かな利益を手にしていく超短期取引のことで、チャートであるとかテクニカル指標を頼りに行なうというものなのです。
FX会社各々に特徴があり、良いところも悪いところもあるのが当然なので、始めたばかりの人は、「どういったFX業者でFX口座開設をするのがベストの選択なのか?」などと頭を悩ませるのではありませんか?
FX取引に関連するスワップと呼ばれるものは、外貨預金にもある「金利」だと思っていいでしょう。けれどもまったくもって異なる部分があり、この「金利」に関しましては「貰うだけでなく払うことだってあり得る」のです。
スキャルピングトレード方法は、割りかし見通しを立てやすい中期から長期に及ぶ経済指標などは無視をして、互角の勝負を直観的に、かつずっと繰り返すというようなものです。