2019年12月11日 | XMトレーディングのハイレバ口座を使い1年で50万円から億トレーダー(億り人)になった海外FXトレードブログ日記(完全保存版)
XMブログ海外FXトレード日記
勝ち方を研究し、レバレッジと上手く付き合ってコントロールすれば少額資金から億トレーダーになるのもそう難しくはありません。あなたは勝つために努力を惜しみませんか?それとも億トレーダーの道を放棄しますか?もしチャレンジしたいなら業界ナンバーワンのXMがおすすめです!

2019年12月11日一覧

海外FXHP|チャートの形を分析して…。

FXをやる時は、「外貨を売る」ということから取引をスタートさせることもあるのですが、このように外貨を有することなく「外貨を売ったままの状態」のことも、「ポジションを持っている」ということになります。
スキャルピングというトレード法は、意外と予想しやすい中・長期の経済動向などは顧みず、確率50%の勝負を即座に、かつ間断なく続けるというようなものだと考えます。
チャートの形を分析して、売買する時期を決定することをテクニカル分析と呼びますが、このテクニカル分析ができれば、売買のタイミングを外すこともなくなると保証します。
トレードにつきましては、完全に自動的に実行されるシステムトレードではありますが、システムの修復は常日頃から行なうことが必要で、その為には相場観を修養することが欠かせません。
売りポジションと買いポジション双方を同時に保持すると、円高・円安のどちらに振れても収益を得ることができるわけですが、リスク管理という点では2倍気を遣うことになるはずです。

スイングトレードで収益を得るには、相応の進め方があるわけですが、当然のことスイングトレードの基本を修得していることが前提条件です。差し当たりスイングトレードの基本をものにしてください。
デイトレードと言われているものは、スキャルピングの売りと買いのタイミングを少し長めにしたもので、実際には2~3時間以上1日以内に決済を終えてしまうトレードのことです。
注目を集めているシステムトレードの内容を精査してみますと、第三者が構想・作成した、「確実に収益を出し続けている自動売買プログラム」を基本に自動的に「売り・買い」が為されるようになっているものが多いように感じます。
FX取引をする場合は、「てこ」の原理と同様に僅かな額の証拠金で、その何倍という取り引きができるという規定があり、証拠金と事実上の取り引き金額の比率を「レバレッジ」という名で呼んでいます。
利益を出すには、為替レートが最初に注文した時のレートよりも良い方向に向かうまでジッとしていなければなりません。この状態を「ポジションを保有する」と表現するわけです。

MT4と称されているものは、ロシアの会社が製作したFX取引き用ソフトになります。タダで利用でき、おまけに超高性能ですので、最近FXトレーダーからの人気も急上昇しているとのことです。
MT4をPCにインストールして、ネットに繋いだまま一日24時間動かしておけば、遊びに行っている間も全て自動でFXトレードを行なってくれるわけです。
FXを進める上での個人に対するレバレッジ倍率は、古くは最高が50倍だったことを考えると、「今時の最高25倍は低い方だ」と主張している人が見受けられるのも当然でしょうけれど、25倍でもしっかりと収益を確保できます。
今日では、どのFX会社も売買手数料は0円となっていますが、それに代わるものとしてスプレッドがあり、これこそが事実上のFX会社の儲けになるわけです。
売る時と買う時の価格に若干の差を設けるスプレッドは、FX会社は当然の事銀行においても異なる名前で設定されているのです。しかもびっくりするかもしれませんが、その手数料たるやFX会社のおおよそ200倍というところが少なくないのです。