国内FX業者の大半が合法的ノミ行為の悪質詐欺体質! | XMトレードブログ 海外FX XM口座開設したからには億トレーダー

国内FX業者の大半が合法的ノミ行為の悪質詐欺体質!

国内FX業者の大半が合法的 ノミ行為 の悪質詐欺体質

当方はこの事を知っているために長らく国内FX業者は使わず海外FX業者しか使っていません。

FXの経験が長くある程度知識のあるベテランさんにはご存知かと思うので説明する必要はないと思いますが、FXビギナーの方でご存知ない方のために国内FX業者の裏の悪質なカラクリをここで説明したく思います。少し長くなりますが、最後まで読んでいただければ幸いです。

先ずこの最初にFX業界用語であるDD方式NDD方式を説明させていただきます。

DD方式とNDD方式

DD方式とは

FXトレードにおけるDD方式とは、国内のFX業者のほとんどが採用しているトレード受注形態のひとつで、FX業者が顧客(トレーダー)から為替注文を受ける場合の形態で、ディーリングデスク方式と呼ばれるものです。これはトレーダーが買いの発注をすればディーリングデスクで反対の売りの注文を受ける方式です。 わかりやすく説明すると顧客が買いを出して、その注文を業者が売ると言う事です。 すなわち、このDDシステムの注文はインターバンク市場に注文されない注文、顧客の注文をFX業者が呑むと言うシステムです。この呑む行為、いわゆるノミ行為システムがDD方式なのです。 このDD方式は顧客(トレーダー)とFX業者が利益相反と言う形で成り立ちます 

トレーダーが儲かりゃ、FX業者が損をする。FX業者が儲かるにはトレーダーに損をしてもらわないといけない。・・・・・・・・と言う事です。

まず最初にこの現実を把握しておいて下さい。

で、次に・・・・・・

NDD方式とは

NDD方式とはノンディーリングデスクと言われるもので、ディーリングデスクを持たず注文はすべてインターバンク市場に発注されると言う受注形態です。この形態を取っている国内FX業者はほどんどないのが現状です。日本人にも支持を得ている海外の優良なFX業者のほどんどがこのNDD方式を採用していて、 悪質なレート操作などが入り込む余地のない公正なレート でトレード出来るシステムです。

・・・と言う事で、DD方式、NDD方式について簡単に説明させていただきましたが、以下、国内FX業者の悪事を説明していきたいと思います。

長くなると思いますが、関心のある方はじっくりと読んでいただきたく思います。

このDD方式は相対取引(店頭取引)であり、 レートは業者の思い通りに設定できる し、注文を受け付けない事だってできちゃうのです。以下、この事に関して説明していきます。

国内FX業者を使っているトレーダーの悩み

国内FX業者でFXトレードをやっていると

なんだこの約定価格は!?プンプン 👿 

なんで肝心な時に限ってエントリー出来ないの?プンプン 😥 

ストップロスされちゃってるけどこんなレートあったの?プンプン 😡 

と思わず叫んじゃってしまう経験を何度もされている方は多いと思います。

この国内FX業者での納得の行かないトレード(現象)を説明する上で4つの業界用語について説明させていただきます。

 スリッページ、レートずらし、約定拒否、ストップ狩り ・・・この4つです。

スリッページとは

スリッページとはFXトレードにおいてレートがすべる事を意味します。レートが大きく動いた際に約定したいレートより乖離した価格で約定してしまうと言う現象です。乖離して有利な価格で約定されればありがたいのですが、得てして、不利な価格で約定されることが大半でトレーダー泣かせの減少です。

なので

なんだこの約定価格は!?プンプン 👿 

と叫んじゃうトレーダーが続出しちゃうのです。

でもこの値付、誰がやってるの?そう、FX業者がやってるのです。

レートが急激に変動した際に前述のDD方式を使っているのです。

顧客の利益が儲かっちゃうと業者が損になる利益相反システムですから、

 損失リスク回避のためにスリッページ幅を大きめに設定したりする事をシステム化しているのです。 

そしてこのシステムは国内業者ならではのDD方式を採用しているからこそ出来る技なのです。(してほしくはないですが泣き寝入りするしかないのです)

そして、このスリッページに関連して更に説明させていただきますと、相場急変時に後で説明させていただきますが約定拒否、つまり注文を出しても注文出来ない場合があります。大きく下げそうだから、どうしてもショートしたい、大きく上げそうだからどうしてもロングしたい。

でもそう言う時に限って約定拒否

仕方なので追いかけて注文連打しても約定拒否、そしてようやく約定出来たと思ったら

そこから反転でっ口座はマイナス・・・・・悲惨・・・・こんな事がよく発生するために

前もって急変動が起こることが予想される場面では許容スリッページを大きめに設定したりしちゃう事も多々ありで、これをやっちゃいとまたまた業者の思う壺・・・・ほんと厄介な現象です。 相場変動時はこうふうになるのは当然の現象かと思われてるビギナーの方へ一言、「当たり前ではありません。合法的詐欺行為を行っている業者に騙されちゃっているのです。」 とここで言っておきます。

更に付け加えて申し上げますと

約定遅延

と言う言葉があります。

注文が込み合っているのか、自分の判断が遅れボタンを押すのが少し遅れたのか・・・・

なんか、ボタンを押した時間より少し遅れて約定されて大きなスリッページ不利な価格で約定。泣くに泣けないが、泣き寝入り。これもDD方式を採用している業者の悪質な手口と言っても過言ではないでしょう。ストレスが溜まるばかりです・・・・・・。

と長くなっちゃってますから次に・・・・・約定拒否

約定拒否とは

約定拒否とは、うん、言葉の通り注文を拒否される事です。大体この現象が国内FX業者で発生するのは、大きな指標発表後、例えば、雇用統計やFOMCの際だったり、その他にもなにか大きな事象が発生して為替が大きく変動する際です。

いわゆる、エントリーしたら大きく儲かる時、チャンスの時です。逆にポジションを保有ていて逆に動いていたなら決済しないと大損失になってしまう時です。

 こんな肝心な時に注文が拒否される 

なんで肝心な時に限ってエントリー出来ないの?プンプン 😥 

って叫んじゃいますよね。

DD方式、再度説明しますが

 業者とトレーダーは利益相反です。 

業者はトレーダーにもうかってほしくない

業者はトレーダーに損をしてほしい

え、まさかとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが

 これが国内FX業者の悪質体質、悪行三昧の現実でありFX業界のカラクリなのです。 

特に大げさに言っているわけではありません。後で説明させていただく見出し「国内FX業者の低スプレッド競争」とも関連させて、更に掘り下げて説明していきますので

長文ではございますが、関心ある方は最後まで読んでくださいね。

次に進みます。

次のキーワードはレートずらし

レートずらしとは

レートずらしとは、言葉の通りレートをずらす・・・・と言う意味ですが

これは、スリッページとも少し関係しますが、また別物と理解して下さい。

相場急変時にスリッページが大きくなってしまうのとは別に

レート操作と言う悪質な手法を国内FX業者は行っています。

わかるかわからないか位の少しレートをインターバンク市場のレート内で少しずらし

常にトレーダーからお金を少しずつ搾取している業者がかなり存在するのです。

これもDD方式と言う受注システムが悪の根源ではあるのですが

このDD方式を採用する理由はトレーダーから悪質に詐欺的に収益を搾取するために採用しているのです。

このレートずらし、スリッページ、約定拒否、更に後で説明させていただくストップ狩り

すべてDD方式を採用しているから可能なのです。

再度、くどいようですが繰り返させていただきますが

 国内FX業者とトレーダーは利益相反であり、トレーダーが儲かれば業者が損をし、業者が儲かればトレーダーが損をする。そして業者は常に利益を出している。 

再度、確認のため把握しておいてくださいね。

かなり長文になってきましたが、次進みます。次はストップ狩り

ストップ狩りとは

ストップロスされちゃってるけどこんなレートあったの?プンプン 😡 

いつもこう言う言葉をパソコンのチャートに叫んでらっしゃる方、多いと思います。

FXトレードの秘訣は損をどれだけ小さくするか、拡大させないかがポイントです。

なので、きちんとマイルールを確立させて資産リスクを考えてコントロールするために

ストップロス注文を入れている方は多いと思います。

ストップ注文でカットされるのは致し方ない事ではありますが

このストップ狩り、腹立たしい現象です。

ストップ狩りとはなんなのか。

ストップ狩りとは大口のヘッジファンドなのが、利益を得るためにストップが集中している価格帯までストップを狩りに行くと言う行為で使われるのが通常ですが

DD方式を採用している国内FX業者が行うストップ狩りとはかなり悪質なものです。

業者は顧客のストップ注文が集中している価格帯を把握しています。

例を挙げて説明しますと

例えば

ドル円(USD/JPY)

ロングポジションを持っているたくさんのトレーダーが

ストップロス注文を112.00円に出しているとします。

そしてインターバンク市場等の主要レートが

112.03辺りまで下落してその後反転したとします。

通常なら112.00円に達していないのでストップロス注文は入らない事になりますが、

この FX業者が行うストップ狩りは悪質 

故意にスリッページを操作したり、為替レートを操作したりして微妙な価格帯であれば、 ストップロス注文が発動する価格112.00円の価格をでっちあげてトレーダーのポジションを無理やり不正な手段で決済させてしまうのです 

その結果、業者が丸儲け。

これがストップ狩りと言うものです。相対トレードなので、業者が好きなレートを作る事が可能なのです。もちろん、大幅に乖離した存在し得ないレートを作ってしまうと、悪評が立ったりして経営にも響いてきますので、目立たないようにやっています。

トレーダーは泣き寝入り(と言ってもこのストップ狩りを気付かないトレーダーがほとんどなんですがね。気付く人は極一握りしょうか。なのでここでも知らぬうちに搾取されていると言う事です。たぶん、ビギナーの方は何の疑いもなく業者のレートが正当であると思い込んでいる場合が大半です。)

以上、

 レートずらし、ストップ狩り、約定拒否、スリッページが国内FX業者の大半が行っている合法的詐欺行為です。 

国内FX業者の悪質さがご理解いただけたと思います。

長くなってしまいましたが、まだ続きます。

お時間ある方はさらにじっくり読んでいただければ幸いです 🙂

この悪質な行為の中で特にトレーダーにとってダメージを受けるのは

約定拒否とスリッページ

レートずらし、ストップ狩りも悪質で許されないのですが

約定拒否とスリッページはトレーダーにとって大きなダメージを発生させます。

その事について・・・・次で

トレーダーのダメージ大なのが約定拒否とスリッページ

上述の国内FX業者の悪質な手口の中で

トレーダーにとって最もダメージを受けるのが約定拒否とスリッページ。

FXトレードを行う上で、最も大事な1つがメンタルコントロールです

メンタルが正常な状態を保つ事がFXで勝つための最重要なポイントです。

脳みそ崩壊しちゃったら負け確定と言っていいでしょう。

しかしながら、メンタルを崩さず頑張っていても

チャンスに約定出来ない、大幅に乖離して不利な価格で約定。

悪質な手口でトレードのペースを崩されてしまうとメンタルボロボロになっちゃいますね。

あの時、約定出来てれば、大勝だったのに・・・。

あんな不利な価格での約定でなかったら違った展開になっていてこんなに損じゃなかったのに・・・・。

そんな事を思いながらペース崩れちゃって、爆損、退場みたいな事に追い込まれた方も少なくないと思います。

 メンタル崩壊   ストレスが溜まる 

この約定拒否や乖離した不利な約定・・・・トレードテクニックが上手いトレーダーでもペース崩しちゃう事がよくあるんですよね。

長々と書き綴ってきましたが、要は言いたいことはFXで勝つためにはストレスの溜まらない公正なレート、安心できるトレード環境でトレードしてくださいと言う事です。

 国内FX業者の思う壺にならないようストレスの溜まらない海外FX業者(優良業者)を使う事をお薦めします。 

大体の言いたいことは書き綴りましたが

更に続けます(笑)

国内FX業者と海外FX業者

長々と国内FX業者の悪口を書いてきましたが

じゃあ、海外FXを使えばいいの?って言う事ですが

自分はやはり国内FX業者を使う事は今後たぶんないでしょう。

国内業者がレバレッジ規制を撤廃され、更にNDD方式が主流となったなら国内業者に戻りますがね。

さて、国内FXとか海外FXとか・・・長く話進めていますが

FXをやろうと思う方は普通なら海外FX業者を使うと言う選択肢はないのは当然です。

だって日本人ですものね。

日本人が日本のFX業者を使う事はごく当たり前。

でもここであえて繰り返し言いたい。

日本のFX業者は悪質業者。そんなところでトレードやってても大金はつかめません。

日本の業者の悪いトレード環境を甘く見てちゃいけないと思います。

FXで負ける人は90%、95%とも言われてますが、この悪い数字は悪質な詐欺行為も寄与していると思われます。世界レベルのFX業界において、 日本人のFXトレーダーはかも と言われています。

日本業者のトレード環境がよければもう少しトレーダーの勝率も上がっていると思われますが、悪い環境に気付かない人が多すぎるので残念ですかね。

海外FXはハイレバレッジが可能なので、ハイレバトレーダーは海外に流出していっているのですが、海外FXを利用している人は高いレバレッジだけではなくトレードの公正さ透明性も考慮して海外FX業者を使っていると言うのもあるのです。

 「私はハイレバレッジは必要ないし、安全思考なので海外FXなんてやるつもりない。」 

・・・と言われる方は多いかもしれませんが

 私に言わせれば悪行三昧の国内FXの方がよっぽど危険で大事なお金を預けてトレードなんてできないと言うのが見解です。 

更に続けますと

海外FXを利用する場合にデメリットと認識されているのが国内業者より広いスプレッド。

海外FX業者は日本よりやや広いスプレッドですが、しかし

 「日本の業者に比べたらスプレッド広すぎじゃない?海外FXなんかやってらんないわー。」 

と言われる人は多いかと思います。

国内FX業者の詐欺的行為を知らない人はそう思われて当然ですが

日本の国内業者の低スプレッド競争で低スプレッドを売りにして顧客獲得戦争を繰り広げてる大手国内FX業者においても合法的詐欺行為を行っているのは例外ではありません。

低スプレッドを提示している国内業者はやや広いスプレッドの海外FX業者よりももっともっと顧客から詐欺行為によって搾取し続けてると言っても過言ではありません。

低スプレッドに騙されないで下さいね。FX初心者の方は低スプレッドに目が行きがちになるのは当然ですが黒いカラクリがあるのをこの機会に理解しておいてください。

 国内と同じレバレッジ25倍で海外業者でトレードすれば、例え少しスプレッドが高くともトレード成績はあがると思ってます。ストレスなく公正で透明なトレード環境の方が勝ちやすいのは当然ですね。  

そして、このスプレッドについてですが

国内FX業者は生き残るために低スプレッドを売りにして広告宣伝をしていますが

海外業者の話は抜きにして

低スプレッド=優良業者

と思いこまない方が無難です。

そもそも、FX業者は低スプレッドで高収益を上げる事は不可能なのです。

低スプレッド企業はそれ以外の見えない詐欺行為で収益を上げていると考えるべきですね。

低スプレッドであるほど=黒いカラクリがある

と思った方が無難ですね。国内業者同士を比較する場合でも低スプレッドであると言う理由だけで業者を選ぶのはナンセンスと考えます。業者の特徴や自分が業者選択において必要としているポイントをよく考えて選ぶべきですね。

日本はFX大国であるから・・・

ご存知ない人もいるかと思うので申し上げておきますが

日本はFX大国

です。

ミセスワタナベと言う言葉はお聞きになった事はあるかと思いますが

このミセスワタナベ

日本人FXトレーダーを称する用語です。

日本人のFX取引額は世界でもトップクラスで

国内のFX業者のFX取引量は世界上位を占めています。

世界取引量ナンバーワンとかと言う広告や宣伝がネット上に流れていますよね。

そりゃそうです。日本人が取引する量が多く、そのほとんどの日本人が国内FX業者を利用するので国内FX業者が世界ランキング上位を占めているのは当然です。

ここで考えていただきたい。

世界取引量上位!

当然のことで

日本の業者だから上位になっているだけのこと。

世界的に他国の業者より優れた業者だから上位になっているのではありません。

日本人FX利用者が多いから上位なのです。

何を言いたいかと申しますと

 世界〇位?すごい!いい会社だから安心して使ってて大丈夫だな! 

と言う間違った認識を持たない事!

 取引量上位業者と言えどもノミ行為企業です 

日本人はいつまで騙され続けるのかと言いたいですね。

 日本国は投資において後進国でグローバルスタンダードが通用せず海外から舐められっぱなしで事あるごとに餌食にされ、優秀な投資家も育たない国。 

国内FX業者はなぜDD方式なのか

法制上、技術上、国内のFX業者がNDD方式に移行出来ない事はないのになぜDD方式のままなのか!

ふとそんな事思っちゃいますよね。

それは詐欺行為によりトレーダーから搾取し収益を上げられなくなってしまうからです。

DD方式かNDD方式かなど大半のトレーダーはどっちなのか知らないのが現実。

低スプレッドを謳い文句にして顧客獲得競争を繰り広げてる国内FX業者において

NDD方式に変更すると言う事は詐欺的ノミ行為を出来なくなる事を意味します。

NDD方式に変更するとノミ行為が出来なくなるため収益を上げる手段がなくなりますので

低スプレッドでのレート提示は出来なくなります。低スプレッドがなくなれば、何も知らないトレーダーは口座を別業者に移してしまうだろうし、低スプレッドを謳い文句に顧客獲得するのも不可能となり、収益激減となってしまいます。どこの業者もそれが理由でNDDに移行しない。横並び状態ですね。

なんか日本らしい・・・・。んな感じw

だったら当社はNDD方式です。公正なレートで、透明性なトレード環境が整ってますと言う事を謳い文句に攻勢かけりゃいいもんですが、

ノミ行為でやってる方が高収益だし、そんな気サラサラないんでしょう。

それに日本人トレーダーはそこまで賢くないから

NDD方式にしましたよって言っても理解しない人が大半で浸透させるのに10年くらいかかっちゃうかもだからそんな高いリスクもとれないんでしょうね。投資家の知識なしの投資後進国であることも影響してますかね。ある意味投資家がバカで業者は悪質・・・・・なんか変な構図が見えてきますね。

なんとか、NDD方式に主要業者が移行する事を祈るってますが、まあ、自分が生きてる間は無理かと思いますw

金融庁はNDD方式に移行するよう指導しない

じゃ、金融庁主導でNDD方式に変更するよう働きかければ良いのではと思ったりしますが・・・・。

(ここからは憶測ですが)

うーん、金融庁もDD方式について別に問題ないのかと思ってるのでしょうか。

合法的詐欺行為も黙認ですね。この詐欺行為知らないはずはないでしょう。

インターバンク市場において、為替レートは株式市場のように統一されているわけでもないし

なかなかそう言う指揮は取れないのかな。

相対取引禁止などは不可能な事で市場が整備、価格統一されない金融商品に対しては規制する方法がないと言うのが現状でしょうか。

ま、金融庁は投資家保護を偉そうに謳う事はありますが

基本的に業者サイドの利益保全の方に重きを置いたりする庁かと自分は考えてますので無理な話かもしれません。

日本人投資家は可哀そうなって思っちゃいますね。ま、今後の金融庁に期待しますか。

レバレッジ規制10倍案出すくらいのバカ金融庁に期待しても無理無理ですか。

ま、金融庁の話はこのくらいで。

で、長くなってしまいましたが・・・・・・総括:まとめ

総括まとめ:私は国内FX業者を使わない

 私は国内FX業者を使わない! 

そして、皆さんもストレスの溜まらない気持ち良いトレードを出来るよう環境を整えていただきたい。

今回はFX業者の事について言及してきましたが、今一度、FX業者の事を勉強しFXにおいてトレード環境を整える事を真剣に考えてもらいたいですね。

そして、更に強く言いたい

株式投資においても、FX投資においても、仮想通貨投資においてもですが

 自分の頭で考え、自立心を持って海外投資家の餌食にならないように頑張れ日本人  😀

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする