MT4 ピボット(PIVOT)インジケーターを使いこなそう!
XMブログ海外FXトレード日記
勝ち方を研究し、レバレッジと上手く付き合ってコントロールすれば少額資金から億トレーダーになるのもそう難しくはありません。あなたは勝つために努力を惜しみませんか?それとも億トレーダーの道を放棄しますか?もしチャレンジしたいなら業界ナンバーワンのXMがおすすめです!
XM口座開設から利用開始方法、チャートの見方やインジケーター・EAの利用方法まで。
XMトレーディング利用方法解説完全版チュートリアルビデオ全26本が完成しました。

口座開設方法からMT4のダウンロード設定方法、他全26本完全なるチュートリアルビデオが完成。チャート・インジケーター・EAの解説などすべて網羅の日本語版ビデオ。MT取引プラットフォームが初めて、XMが初めての方にとってはとても役立つビデオです。

チュートリアルビデオ26本リスト

XM口座開設はこちら!

口座登録は簡単ですがわかりにくい場合は下記チュートリアルビデオを参照してください。

XMTRADING.COM – MT4 チュートリアル – 取引口座の開設方法

MT4 ピボット(PIVOT)インジケーターを使いこなそう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

FXのテクニカル分析に役立つ基本的なMT4インジケーターを紹介します。

MT4 ピボット(PIVOT)インジケーター

ピボットとは

レジスタンス3(HBOP)

レジスタンス2

レジスタンス1

ピボットポイント

サポート1

サポート2

サポート3(LBOP)

・・・・の7本の水平線で構成されます。

ピボット(PIVOT)はRSIやパラボリックで有名なJ・W・ワイルダー・Jrによって考案されたテクニカル指標です。前日の高値・安値・終値の三つの価格データから、ピボット(回転軸)を中心に振幅すると仮定して、当日のサポート(支持)やレジスタンス(抵抗)となりそうなところを推測する手法です。

よく抵抗線(レジスタンスライン)、支持線(サポートライン)と言う言葉をお聞きになられたことがあると思われます。FXでトレードする際はこれを見極められるかが大きなポイントとなってきます。抵抗線、支持線と言うのはいろんな割り出し方、見方で見出されるわけですがFXの世界ではこのPIVOTの抵抗線・支持線がよく意識されます。

言い換えれば、PIVOTはみんなが見ているポイントと言えます。

特に大口投資家や機関投資家はこのPIVOTを見て為替取引をする事が多いと言われています。そのためこのピボットの7本がよく機能する場合があります。

MT4 Pivotインジケーター

PIVOTをトレードにどう生かすのか

逆張り?順張り?

相場によってケースバイケースです。

基本的にはサポートライン1,2近辺逆張りで買い

レジスタンス1,2近辺で逆張りで売り

サポート3を突き抜けたら順張り

レジスタンス3を突き抜けたら順張り

・・・・・・といった具合に使うものですが、そうしたトレードをしたから絶対に勝てるというような単純なものではありません。しかし、言えることは

PIVOTは大口投資家がもっとも意識しているポイント

このPIVOTを見ているだけでFXで勝つヒントが見えてくるのではないかと思います。

大口投資家が見ている=このラインのいずれかに仕掛けをかけてくると言う事です。

PIVOTを活用されていない方は是非 テクニカルのひとつとして追加される事をお奨めします。

メタトレーダーのインジケーターファイルを下記に用意しましたので

使われる方はコピーしてMT4にインストールしてくださいな。

PIVOT MT4インジケーターのダウンロード

https://fx-kaigai-trade-blog.com/mt4indicator/pivot.mq4.txtpivot.mq4.txt

このテキストファイルをダウンロードしてファイル名を

pivot.mq4

に変更した後

MT4>MQL4>indicatorsフォルダに放り込めば完了です。

MT4を起動(再起動)させ、ナビゲーターを表示するとpivotと言うインジケーターが表示されてると思います。それを表示させたいチャートにドラッグするだけです。

ではでは、簡単ですが、

今回はMT4 PIVOTインジケーターの紹介でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加